がん保険の意義について

人間、誰しも保険に加入する際には何らかのきっかけが必要です。就職した際、結婚した際、子供が生まれたタイミングなどそれは人によって様々です。しかし、がん保険に関してはその重要性や必要性に気づいたタイミングが、自分自身が発症したタイミングに重なってしまうと、それは目も当てられません。もちろん早期発見で完治し、その後の加入というパターンも、最近では再発が5年以上ない場合には問題ないというケースもあります。

がんは、まずもって日本人の2人に1人が一生のうちに発症するものであり、死亡原因の3人に1人が癌であるという自覚をもつべきなのです。このポイントを理解していれば、がん保険に加入しておくことの大事さを同じく理解することが出来るでしょう。

それは自分だけではなく、家族や親族に関しても進めることも決して押し付けではないでしょう。幸いなことに、掛け捨てで安いプランであってもそれなりの対応があるプランが多いのです。

とにかく、前述の通り、がんという病気は自分自身がいつかかってもおかしくないという自覚を持って、自分自身のライフプランを検討していく、このスタート時点の考え方が何よりも重要になってくると考えられるでしょう。