がん保険に加入するなら、保障内容がシンプルで保険料も割安なものがおすすめ!

医療保険のがん保険は、その名称の通りがんという病気だけを保障してくれる保険商品です。大きな特徴を挙げると、入院給付金の制限が設けられていないことです。その他の医療保険の入院給付金は、1回入院あたり限度日数があるのが一般的です。がん保険は通常、このような制限がありません。その理由は、がんは転移や再発の可能性が高い病気のため、入退院をくり返す方が多いからではないでしょう。

また、がん保険の保障項目には多くの種類があります。中でも金額が大きいのが診断給付金とです。初めてがんであるとの診断を受けた時に給付されるもので、1口あたり50〜100万円というのが主です。会社や商品によって1回のみ給付のものと、複数回給付可能なのがあります。

複数回の方が安心と考えるかもしれませんが、以前のがんにかかってから〇年以上が経過しているというような条件がついていることがほとんどです。保険料を比べても、複数回のタイプの方が割高です。

このように、例えば診断給付金であれば1回のみ給付のタイプを選択するなど、保障内容がシンプルで、かつ保険料が割安なものを選択するのが賢明です。入院が長引いた場合は、制限のない入院給付金が活用できます。入院期間は短いけれど通院が長引くような場合は、金額の大きい診断給付金をうまく活用すれば何とか乗りきれるでしょう。